ハム中田 元同僚でも交流戦では敵「つぶしにいくつもりでやる」

[ 2018年5月29日 05:30 ]

記者会見に出席した(左から)中村、野上、東、茂木、中田、藤岡(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 交流戦開幕前日の記者会見が28日に都内ホテルで行われ、セ、パ両リーグから6選手が出席した。

 壇上で主役になったのは日本ハム・中田。対戦が楽しみな選手を問われると、DeNA・筒香の名を挙げ「うちが試合に勝っていれば1本ぐらいホームランを打っていい」と話して笑いを誘った。それでも、その後に報道陣に対応した際は「あれはリップサービス。もちろん負けたくない」と語った。

 チームは3連勝中で首位の西武と1ゲーム差。頼れる主将は「巨人・吉川光、中日・大野奨ら元同僚との対戦は楽しみ?」との問いにも「今は敵。勝ち負けが存在する以上、プレーボールからつぶしにいくつもりでやる」と闘志を燃やしていた。 (山田 忠範)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月29日のニュース