西武・今井 交流戦でデビュー浮上 辻監督「見てみたい」

[ 2018年5月29日 05:30 ]

西武の今井
Photo By スポニチ

 16年ドラフト1位の西武・今井を交流戦で1軍デビューさせるプランが浮上した。

 辻監督は「使いたいと思っている。1軍で投げるのを見てみたい」。25日の日本ハム戦で相内を今季初先発させたように、終盤戦をにらみ若手投手の起用機会を探る。作新学院で16年夏に甲子園で優勝した今井は、2月に未成年喫煙が発覚。対外試合出場停止処分が明けた後、2軍戦2試合で計13回2失点、18奪三振で防御率0・69と結果を出している。交流戦は広島との首位対決でスタート。指揮官は「リーグ戦と変わらず、攻める気持ちを前面に出したい」と話した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年5月29日のニュース