オリ・吉田正 初の4安打で4打点!6号先制ソロは粘り勝ちの一発

[ 2018年5月22日 22:21 ]

パ・リーグ   オリックス10―0楽天 ( 2018年5月21日    楽天生命 )

スタンドの声援に応える吉田正
Photo By スポニチ

 オリックス・吉田正はプロ初の4安打4打点の活躍を振り返り「しっかり自分のスイングができた」と自画自賛した。

 3回の右越え6号先制ソロは、カウント0―2と追い込まれながらもファウルで粘り、8球目を仕留めた。「追い込まれていたので厳しいコースを粘って、最後、自分のしっかり振れるところに来た」と、会心の打席であったことを語った。

 4回には1点を追加してなお2死満塁と続いた好機で中前2点打。6回にはレフトへの二塁打を放ち、三塁打でサイクル安打となる8回無死一塁では右中間二塁打を放った。

 これで8試合連続ヒットと状態は上向き。それでも「自分のバッティングが全然できていなかったので、これからも1本ずつ(打つこと)を目標にしながら」と、あくまでも慎重な姿勢を崩さなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース