巨人・山口俊「ハロ現象」からパワー 得意地方球場で広島斬る

[ 2018年5月22日 05:30 ]

ハロ現象と呼ばれる太陽の周辺に光りの輪が現れる大気現象が起きたジャイアンツ球場の上空を見上げる山口俊(撮影・荻原 浩人)
Photo By スポニチ

 首位・広島との2連戦で初戦先発を任される巨人・山口俊が、ジャイアンツ球場での練習中に思わず空を見上げた。太陽の周りを光の輪のようなものが囲む「ハロ現象」と呼ばれるもので、「初めて見ました」と目を丸くした。

 自身は3連敗中だが、地方球場で今季3戦2勝、防御率1・73と好成績。貴重な光景からもパワーをもらい「1イニングでも多く3者凡退をつくって、攻撃につなげたい」と首位と4・5ゲーム差だが得意の地方から巻き返す。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース