ヤクルト川端が登録抹消 4月の頭部死球以降不振 打率1割台

[ 2018年5月22日 05:30 ]

ヤクルト・川端
Photo By スポニチ

 15年首位打者ながら、今季打率・173と苦しむヤクルト・川端が出場選手登録から抹消された。不振による2軍降格は10年5月以来8年ぶりで、11年にレギュラーを奪取してから初となる。

 昨年の椎間板ヘルニア手術から復活を期したが、4月3日の広島戦で頭部死球を受けて以降調子を崩し、8日の中日戦の2安打以降は無安打だった。最下位に低迷するチーム浮上のためにも復調が待たれる。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース