【ファーム情報】イースタン首位の楽天が快勝 ウエスタン首位の阪神・福永は完封勝利

[ 2018年5月22日 18:39 ]

 プロ野球のファームは22日、ナイター1試合を含めてイースタン、ウエスタン両リーグで計5試合が行われた。

 DeNAはナイターの巨人戦(平塚)に8―3。先発・今永は6回2/3を5安打3失点(自責0)で8奪三振。3番手・パットンは1回2安打無失点で3奪三振だった。巨人は2番手・篠原が1/3回を1安打2失点で1敗目(1勝)。「1番・中堅」でスタメン出場の陽岱鋼は4打数無安打だった。

 ロッテは西武戦(西武第2)に3―1で勝利。先発・酒居は7回5安打1失点で1勝目(1敗1セーブ)。打線では根元が2安打2打点だった。西武先発・今井は6回2安打1失点(自責0)で9奪三振。2番手・田村が1回3安打2失点で1敗目を喫した。

 イースタン首位の楽天は日本ハム戦(鎌ケ谷)に7―1。7回に枡田が4号ソロ、足立が1号ソロと2者連続アーチ。8回にはディクソンが1号満塁本塁打を放った。先発・古川は5回3安打11奪三振無失点で4勝目(1敗)。日本ハムは横尾が2号ソロも、打線が18三振を喫した。先発・ロドリゲスが6回5安打1失点で2敗目(1勝)。

 ウエスタン首位の阪神はオリックス戦(鳴尾浜)に3―0。先発・福永は113球を投げて6安打の完封勝利で3勝目(1敗)を挙げた。北條が初回に3号2ラン。オリックス先発・ディクソンは8回4安打3失点(自責0)で11奪三振も1敗目。

 ソフトバンクは中日戦(タマスタ筑後)に8―6。吉村が1号2ランなど2安打。先発・高橋純は4回4安打2失点で、4番手・渡辺健が2回1/3を2安打1失点で1勝目を挙げた。中日は先発のR・マルティネスが2回を2安打1失点(自責0)で2敗目(1勝)。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース