松坂、初の交流戦開幕投手!29日オリ戦に中8日で先発へ

[ 2018年5月22日 05:30 ]

モノマネ芸人・小笠原ミニ大(右)のモノマネを見つめる松坂(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 中日・松坂大輔投手(37)が交流戦初戦となる29日のオリックス戦(ナゴヤドーム)で先発することが21日、決定的となった。投げては6回3安打1失点。打っても2安打をマークし、今季2勝目を挙げた20日の阪神戦から一夜明け、自身初の交流戦開幕投手へ向けた調整を開始した。

 本拠地で行われた投手練習に参加。ランニングやキャッチボールで約1時間汗を流した。前日のお立ち台ではファンの前で「(チームは遠征から)来週、名古屋に戻って来ます。僕はそこで投げると思うので応援よろしくお願いします」と宣言。この日は「決まってないですよ」と笑ったが、そこを目指しているかとの質問には「そうですね」と答えた。

 登板翌日に、松坂が出場選手登録から抹消されることはなかった。これにより、登板間隔を中10日空ける必要がなくなった。今季開幕投手を務めた小笠原が不調で離脱した中で、日米20年目のベテランは13日の巨人戦こそ右ふくらはぎの張りで3回途中降板したが、残りの4試合は全て5回以上を投げる安定感を見せた。大事なカード頭を十分に任される状態となっている。

 06年西武時代には交流戦最多5勝をマークした。中8日での登板。「いつ言われてもいいように準備はしています」。12年ぶりとなる交流戦でも、同じ活躍が期待される。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース