清宮、親子ゲームプラン浮上 栗山監督「可能性ゼロではない」

[ 2018年5月22日 05:30 ]

合宿所から新千歳空港行きのチームバスに向かう清宮(撮影・高橋茂夫)
Photo By スポニチ

 現在、打率・173と苦しむ日本ハム・ドラフト1位の清宮が、親子ゲームに出場して実戦経験を積む可能性が浮上した。

 1軍はZOZOマリンでロッテ3連戦があり、2軍も22日から鎌ケ谷でイースタン・リーグ、楽天3連戦の日程。栗山監督は22日の初戦に関しては否定したが、23、24日については「可能性はゼロではない」と体調を見て判断する考えだ。25日に19歳の誕生日を迎える清宮も「今のままじゃダメ。やるべきことをやっていく」と力を込めた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース