駒大・岡田 劇的な一発で勝負決める「人生初の逆転サヨナラです」

[ 2018年5月22日 17:11 ]

東都大学野球春季リーグ戦第7週第1日   中大5―7駒大 ( 2018年5月22日    神宮 )

サヨナラ勝ちした駒大の選手たち
Photo By スポニチ

 勝ち点2の駒大、勝ち点1の中大。ともに連敗すれば最下位の可能性のある一戦で、駒大の岡田耕太(4年=敦賀気比)が劇的な一発で勝負を決めた。

 点を取り合い、8回には中大が吉田叡生主将(4年=佐野日大)の適時二塁打で中大が逆転。エース伊藤優輔(同=小山台)が完投目前の9回、1死から四球、死球で一、二塁のピンチを招いた。

 ここで駒大の打席に立った4番岡田耕。初球のスライダーを会心のスイングで左翼スタンドに運ぶ逆転サヨナラ3ラン。ナインの手荒な祝福を浴び「人生初の逆転サヨナラです」と興奮MAXだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース