ヒックス最速タイ169キロ記録 新人右腕がチャプマンに並ぶ

[ 2018年5月22日 05:30 ]

 カージナルスは新人右腕のヒックスが現行の計測システム導入以降、メジャー最速タイの剛速球を披露した。

 フィリーズ戦の8回2死から登板。9回2死でナ・リーグ打率1位のヘレラに対し、2球目のツーシームが105マイル(約168・9キロ)、さらに同球種をファウルされた4球目が105・1マイル(同169・1キロ)を計測。10年にチャプマン(当時レッズ)が叩き出した記録に並んだ21歳は「ヘレラが僕のテンションを上げてくれた」と振り返った。 (セントルイス)

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース