広島 “鬼門”宇都宮…今季最少2安打で今季2度目の零敗

[ 2018年5月22日 22:17 ]

セ・リーグ   広島0-8巨人 ( 2018年5月22日    宇都宮 )

 広島は打線が今季最少の2安打に抑え込まれ、2度目の零敗を喫した。山口俊に11三振を奪われ、完封勝ちを献上。緒方監督は「全体的に、ここ数試合、いい攻撃ができていない」と嘆いた。

 宇都宮では2014、15年に巨人と試合して2戦とも0―1で負けていた。3年ぶりとなったこの日も4回1死満塁の絶好機を生かせないなど、最後まで本塁が遠かった。迎打撃コーチは「一点一点つないで取っていくことをもう一度、意識したい」と巻き返しを期した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月22日のニュース