ヤクルト・谷内 今季初安打で反撃の流れ呼ぶ「狙っている球を打てた」

[ 2018年5月22日 22:58 ]

セ・リーグ   ヤクルト3-8阪神 ( 2018年5月22日    倉敷 )

 1軍に昇格したばかりのヤクルト・谷内が、今季初安打をマークして反撃の流れを呼んだ。

 5点を奪われた直後の4回の攻撃。先頭・坂口が四球で出ると、メッセンジャーの初球を右前へ運んで好機拡大。この回の3得点に繋げた。

 開幕は2軍で迎えたが、2軍ではイースタンリーグトップの打率・364と好調を維持。「積極的にいっていいという話だったので、狙っている球を打てた」と手応えを口にしつつも、チームは反撃及ばず4連敗となり「勝たないと意味はないので」と悔しそうだった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年5月22日のニュース