阪神 今季初4連勝ならず 中軸不発、大山ミスも響く

[ 2018年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3巨人 ( 2018年5月9日    東京D )

<巨・神>7回、ミスも絡んで好機を逃し、渋い表情の金本監督
Photo By スポニチ

 阪神は9日の巨人戦に1―3で敗れ、今季初の4連勝を逃した。再三の好機をつくりながら糸井、ロサリオ、福留の中軸が得点圏では計7打数無安打の不発。9試合ぶりに先発出場した大山の攻守のミスも響き、競り負けた。

 前夜の快勝から一転、走攻守すべての面で精彩を欠いた。敗因の中でも大きな割合を占めたのは好機でことごとく凡退を繰り返した中軸の拙攻。金本監督は淡々と振り返った。

 「残塁8か…。まあ、得点圏での打撃でしょうね。やっぱり、走者なしとは違うから。投手も気合を入れてくるしね。どういう打撃を心がけるかというか。準備とはまた違う。それ(ケース打撃)ともまた違うけど。やっぱりメンタルというかね」

 初回2死二塁でのロサリオの遊ゴロを皮切りに決定打を欠いた。2点を追う4回無死二塁は糸井、ロサリオ、福留がそろって凡退。一打同点の6回無死一、二塁でもロサリオ、福留のバットが湿った。さらに8回2死一塁で打席に入り、初球の植田の二盗で2死二塁となった場面でも福留のバットは空を切った。得点圏に走者を進めた好機で3〜5番は計7打数無安打。片岡ヘッド兼打撃コーチの「あと一本というところやね」と振り返ったひと言に、すべてが凝縮されていた。

 「攻」だけでなく「走」「守」でも敗戦につながるプレーがあった。いずれも9試合ぶりに先発出場の大山だ。初回1死二塁の守備では先発メッセンジャーのリズムを崩す野選を犯した。二塁走者だった7回無死一、二塁では進塁に気を取られて沢村のけん制に刺された。指揮官は「この苦い経験を次に生かさないと。同じようなことをやっていたらダメ。二度とないようにいい経験にしてほしい」とハッパを掛けた。

 3連勝で止まっても、下を向いていても仕方がない。4打数無安打のロサリオは「もちろん野球なので毎回いい結果が出るわけではない。でも自分のスイングは徐々に、できてきている」と前を向いた。一番大事なのは気持ちで負けないこと。やられたら、やり返すのみだ。(惟任 貴信)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース