広島 2戦連続で9回2死無走者から追いつかれた 痛恨ドロー

[ 2018年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   広島1―1DeNA ( 2018年5月9日    マツダ )

<広・D>12回2死一、二塁、下水流は空振り三振に倒れ、引き分けに終わった
Photo By スポニチ

 同点の延長12回2死一、二塁。途中出場の広島・下水流のバットが空を切ると、サヨナラ劇を期待したファンから落胆の声が漏れた。敵の守護神・山崎がフルカウントから投じた、ボール気味の低めツーシーム。下水流は悔しさを隠さなかった。

 「残念です。あそこで(ボール球を)見切れないといけない…」

 2試合連続で9回2死無走者から追い付かれ、今季4度目の延長戦で初の引き分け。唯一の得点は5回だ。2死から鈴木が左越え二塁打で出塁し、続く松山の二ゴロが敵失を誘う間に先制のホームを踏んだ。だが、得点圏に走者を進めた7度の好機に1本が出なかった。

 同点に追い付かれた直後の9回には、先頭の代打・エルドレッドが左翼線二塁打。代走・上本は田中の一ゴロで三進し、続く菊池の飛球はセンター定位置よりやや浅めに上がった。だが、タッチアップを自重。上本は厳しい表情で振り返る。

 「当たりと風に戻されたこと、捕球体勢を考えて自重した。行った方が良かった…」

 勝てなかったが、負けも付かなかった4時間28分に及ぶ死闘。緒方監督は「下を向くことはない。何より好守が数え切れないぐらいあり、投手を助けた。こういうしっかりした試合を数多くやっていきたい」とし、ナインの奮闘を称えていた。(江尾 卓也)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース