東都大学リーグは雨のため中止 11日に順延

[ 2018年5月10日 11:05 ]

東都大学野球春季リーグ戦 ( 2018年5月10日    神宮 )

東都大学野球が雨天順延となった神宮球場
Photo By スポニチ

10日に予定されていた東都大学野球リーグの中大―国学院大、駒大―亜大の2回戦は雨のため中止となり、11日に順延された。

 2日連続で雨天による順延。8日の1回戦で国学院大に0―10と大敗を喫した中大・清水達也監督は「前の試合がああいう負け方だったので、きのうの中止は(切り替えられて)良かったけど、今日はみんなやる気があった」。

 試合前に発表された先発は左腕の畠中優大投手(2年=樟南)だったが、11日の先発投手については「これから考える。うちは1つ1つ勝たないといけない」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース