ラミ監督 耐えた8人継投「勝利に等しい」

[ 2018年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA1―1広島 ( 2018年5月9日    マツダ )

<広・D>9回2死、中堅に同点打を放った倉本
Photo By スポニチ

 DeNAは今季2度目の引き分け。投手陣を8人つぎ込んで延長12回を耐え抜いた。

 9回の土壇場で1点差を追いつくと、その裏1死三塁のピンチを5番手の井納が菊池を中飛、バティスタを空振り三振としのいだ。ブルペンに残った投手は平田のみ。ラミレス監督は「あの状況で追いついて引き分けに持ち込んだのは勝利に等しい」と粘りを称え、「特に井納。あの場面でよく抑えた」と、今季は中継ぎに専念する右腕に感謝した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース