田沢 1回1失点に唇かむ「納得いかない」

[ 2018年5月10日 09:42 ]

ナ・リーグ   マーリンズ4―13カブス ( 2018年5月9日    シカゴ )

 マーリンズの田沢純一は9日、シカゴで行われたカブス戦で1―9の4回に2番手で登板し、1回を2安打1失点だった。勝敗などは付かず、防御率は7・41。チームは4―13で敗れた。

 大量リードを許した展開でマウンドに立った田沢は「一生懸命肩をつくって投げて、こうなるのは腹立たしい」と悔しげ。先頭・アルモには内野陣のシフトが裏目に出て右前打。2死一塁からリゾに右翼線へ適時二塁打を打たれた。「リゾにはうまく打たれたけど、あの当たりでホームに還るとは思わなかった。正直、納得いかない部分はある」と唇をかんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース