阪神ドラ5谷川、プロ初登板初先発 5K力投も阿部の一発に泣く

[ 2018年5月10日 19:37 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2018年5月10日    東京D )

<巨・神>3回2死二、三塁阿部に3ランを打たれた谷川 
Photo By スポニチ

 阪神のドラフト5位ルーキー、谷川昌希投手(25=九州三菱自動車)が10日、東京ドームで行われた巨人9回戦でプロ初登板初先発。4回で5三振を奪うなど力投したが、阿部の一発に泣いて4回3失点で降板した。

 初回、1番・坂本勇を空振り三振に仕留めるなど3者凡退と好スタートを切った谷川。味方のエラーで先頭の4番・阿部を塁に出した2回も続く岡本、亀井を連続三振。筑陽学園高の8年先輩にあたる長野に初安打を打たれて2死一、二塁のピンチを迎えたが、小林を遊撃へのフライに仕留めてこの回も無失点で切り抜けた。

 だが3回、1死から坂本勇、吉川尚に連打され、2死二、三塁としてから阿部に1ボールからの2球目直球を右翼スタンドに運ばれる3ランを被弾。続く4回を無失点で抑えると、5回の打席で代打・山崎を送られ降板となった。

 谷川の投球内容は4回で66球を投げ、5安打3失点。5三振を奪い、与えた四死球は筑陽学園高の8年先輩にあたる長野に対して4回に与えた死球1つで、四球はなかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース