平野 勝利の立役者に ロブロ監督絶賛「救われたよ」

[ 2018年5月10日 05:30 ]

ナ・リーグ   ダイヤモンドバックス8―5ドジャース ( 2018年5月8日    ロサンゼルス )

<ドジャース・ダイヤモンドバックス>延長10回、好救援を見せた平野(右)はハイタッチで迎えられる(AP)
Photo By AP

 ダイヤモンドバックスの平野がピンチをしのぎ、勝利の立役者となった。延長10回無死一、二塁で登板し、ケンプを中飛に仕留め、次打者を敬遠。1死満塁で代打フォーマー、続くアットリーをいずれもフォークで空振り三振。

 チームは延長12回の総力戦を制し、平野は「開き直って思い切って投げられた」と語り、トーリ・ロブロ監督は「救われたよ。彼がいなかったら今日の試合は勝てていない」と絶賛した。また、ド軍の前田は延長11回1死一、二塁で代打で出場し、一塁前へ犠打を決めた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース