阪神メッセ 2敗目「初回さえなければ…」

[ 2018年5月10日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神1―3巨人 ( 2018年5月9日    東京D )

<巨・神>初回、メッセンジャー(中央)は2失点しナインがマウンドに集まる
Photo By スポニチ

 阪神・メッセンジャーは6回5安打3失点と粘ったが、今季2敗目を喫した。

 「初回さえなければ、良い投球ができたと思う」と立ち上がりを悔やんだ。初回1死二塁でゲレーロの三ゴロを処理した大山の二塁送球が野選となり、2死から岡本に左前に運ばれて先制点を許した。亀井にも中前適時打を浴び、結果的には序盤の2点が致命傷となった。打線も今季最多の9点を奪った前日から一転、迫力を欠き、連勝は3でストップした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース