西武 本拠今季初黒星 開幕からの連勝12でストップ

[ 2018年5月10日 09:37 ]

パ・リーグ   西武0―3ソフトバンク ( 2018年5月9日    メットライフD )

<西・ソ>7回1死満塁、栗山が一ゴロ併殺に倒れ渋い表情の辻監督(左端)
Photo By スポニチ

 打線が4安打で2戦連続零敗。開幕から続いた本拠・メットライフドームでの連勝が12で止まった西武・辻監督は、相手投手を称えた。

 「うちの打線が点を取れなかった。今、ソフトバンクの1、2と言っていい、いい投手だからね」。前日は千賀に10三振を奪われるなど、先発全員の16三振。この日は石川に6回まで1安打で二塁も踏めなかった。昨年8月以来の2戦連続零敗で、その相手もソフトバンク。「がっぷり四つでいけたらいい。そのためにはうちもしっかりしないと」。ペナントを争う最大のライバルへ、指揮官はさらなる闘争心を燃やした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年5月10日のニュース