阪神・秋山 配球読まれた?3適時打はいずれも2球目以内

[ 2018年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神0―3巨人 ( 2018年4月21日    甲子園 )

<神・巨>4回、岡本(左)に左前適時打を打たれる秋山
Photo By スポニチ

 若き大黒柱が、宿敵に飲み込まれた。先発した阪神・秋山は、勝負どころで巨人打線に痛打を浴びて5回8安打3失点で降板。開幕3戦目に続き、伝統の一戦で連敗を喫した。

 「ピンチの場面で粘り切ることができず、相手の勢いを止めることができなかった」

 悔しさをにじませたのは4回だ。2本の単打で1死一、二塁とされると岡本には2球目のスライダーを左前に運ばれて先制点を献上。続く亀井には初球のカットボールを右前にはじき返され瞬く間に2点目を失った。2死一、三塁からも小林にまたも初球を叩かれての左前適時打。5安打集中の3失点で結果的に試合の行方は決まってしまった。

 「明らかに得点圏での入りの決め打ちが多い。傾向が出ていると思うので、対策を練っていきたい」

 試合後、苦々しい表情で口にしたように、巨人打線の適時打は、全て2球目以内を打ってのもの。配球の偏りを分析して結果につなげた敵軍に苦杯をなめた。金本監督は「内角を狙った球が真ん中に来たり、外を狙った球が高く浮いたりとか」と、制球の微妙な誤差を敗因に挙げた。

 4月1日の対戦では、岡本に逆転3ランを被弾して黒星を付けられた。リベンジを期したが、相手が一枚上手。新人だった10年9月20日以来、2770日ぶりの甲子園での巨人戦白星はならなかった。

 「いつもとはいろんな状況が変わってた。その中でベストを尽くしたつもり。また、次頑張ります」。下を向いてはいられない。チームを引っ張る右腕には、すぐに挽回のチャンスがやって来る。(遠藤 礼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月22日のニュース