西武 11点快勝!球団記録更新の開幕から本拠地9連勝

[ 2018年4月22日 15:30 ]

パ・リーグ   西武11―5ロッテ ( 2018年4月22日    メットライフ )

<西・ロ>初回無死一塁、左越え2点本塁打を放つ浅村
Photo By スポニチ

 西武は、12安打で11得点を奪う猛攻でロッテを11―5で下して4連勝。本拠地で開幕から9連勝と球団記録を更新し、貯金を11とした。先発・高木勇は6回3安打2失点で、巨人時代の昨年6月18日のロッテ戦以来の白星を挙げた。

 初回に先頭の秋山が左前打で出塁すると、すかさず二盗を決めて無死二塁。源田の一塁ゴロをロッテ・井上がファンブルする間に、秋山が生還し1点を先制。続く浅村が2試合連続本塁打となる左越え5号2ランした。さらに2回には源田が1死一、二塁から2点二塁打、4回には山川の2試合連続の左越え7号3ランで加点。5回に浅村の左前適時打などで3点を追加するなど着実に得点を重ねた。

 ロッテは先発・二木が1回2/3で5安打5失点と大乱調。終盤に反撃したが届かず5連敗を喫し借金3となった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2018年4月22日のニュース