立大2年三井 2戦連発 開幕3連勝導く「菅野さんから打てて自信に」

[ 2018年4月22日 05:30 ]

東京六大学野球第2週第1日   立大3―2法大 ( 2018年4月21日    神宮 )

<立大・法大>2回無死、右越えに先制ソロを放つ立大・三井
Photo By スポニチ

 立大2年生の4番・三井が2戦連発で開幕3連勝に導いた。2回、今秋ドラフト候補の法大・菅野が投じた140キロ直球を右越えに先制ソロ。これが決勝点となり「直球が速いので振り抜くことだけ考えた」。

 オフには菅野対策で最速140キロのマシン打撃で打ち込み、ミート重視からフルスイングを重視したことも好調の要因で「菅野さんから打てて自信になった」と手応えを口にした。

 ▼法大・菅野(今季初戦は7回3失点で敗戦投手)三井君は警戒していたが投げてはいけないところにいってしまった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月22日のニュース