ヤクルト逆転負け5連敗 秋吉痛恨「本塁打だけはダメな場面」

[ 2018年4月22日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト5―6DeNA ( 2018年4月21日    神宮 )

<ヤ・D>延長10回1死、筒香(左)に右越えソロを浴びる秋吉
Photo By スポニチ

 ヤクルトは逆転負けで5連敗を喫し、巨人、中日と並ぶ4位タイとなった。

 9回は守護神カラシティーが1点リードを守れず、延長10回は秋吉が筒香に勝ち越しソロを被弾。「本塁打だけはダメな場面」と厳しい表情で引き揚げた。打線は今季初めて4番だった青木を1番、1番だった山田哲を3番に入れて組み替えた。初回に青木が四球で出塁し、山田哲が先制の右中間適時三塁打。「3番の仕事は1番よりチャンスが多くて(走者を)還すこと」と役割を果たした。3回までに5点を奪ったが、それ以降は無得点に終わった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月22日のニュース