岩隈、実戦登板間近 指揮官「もう一度投げ、問題がなければ」

[ 2018年4月22日 14:31 ]

 昨秋の右肩手術からの復活を目指すマリナーズの岩隈は、マイナーでの実戦登板が間近であるとサービス監督が明らかにした。前日はマイナーで実戦を想定した投球を行った。監督は「全てうまくいった。心配するようなことは起こらなかった。もう一度同じ形で投げ、問題がなければゲームで登板することになる」と見通しを話した。

 「今はとにかく問題なく投げること。球威などは度外視」と監督。首脳陣は5月下旬から6月初めに先発ローテーションに復帰させたい意向だ。(共同)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月22日のニュース