ロッテ西野 4年ぶり先発再転向初勝利「通用するか不安あった」

[ 2017年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ3―2オリックス ( 2017年4月13日    京セラドーム )

<オ・ロ>今季初勝利を挙げ、益田(右)らを笑顔で出迎える西野
Photo By スポニチ

 4年ぶりに先発再転向したロッテ・西野が6回6安打1失点。今季2度目の登板で、待望の先発白星を手にした。

 走者を出しながらもテンポのいい投球で、失点はT―岡田にソロ本塁打を浴びた6回の1点のみ。「昨年まで抑えをやったがケガ(右肘痛)もあって先発になり、通用するか不安もあった。勝てて凄くうれしい」と安どの表情だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース