イチロー 代打で空振り三振 田沢は好救援 チームは延長戦落とす

[ 2017年4月14日 13:55 ]

ナ・リーグ   マーリンズ8―9メッツ ( マイアミ )

マーリンズの田沢 (AP)
Photo By スポニチ

 マーリンズのイチロー外野手(43)は13日(日本時間14日)のメッツ戦に代打で起用され、空振り三振に倒れた。田沢純一投手(30)は1回無安打無失点の好救援。延長12回から7番手の投手として登板し、相手打線を三者凡退に切って取った。

 イチローは8―7とチームがリードした7回に登場。2死満塁の好機で打席に立つと、場内からはイチローコールが沸き起こった。しかし、メッツの4番手・ブレビンスに2球で2ストライクに追い込まれると、続く3球目の縦に割れる大きなカーブにバットが空を切った。イチローは前日12日に続いて2打席連続での空振り三振。その後の守備には就かず、ベンチに退いた。

 試合は延長戦の末、8―9でマーリンズが敗戦。8回に同点に追いつかれたマーリンズは16回、この回からマウンドに上がった9番手・コンリーがメッツのダーノーに決勝の左越えソロを浴びた。5時間38分の総力戦。コンリーは次戦での先発が予定されていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース