マーリンズ 本拠地最長試合を落とす イチロー、田沢も出場

[ 2017年4月14日 14:42 ]

マーリンズのコンリーが決勝のソロを浴びる
Photo By スポニチ

 マーリンズは13日(日本時間14日)のメッツ戦に延長戦の末、8―9で敗れた。延長戦は16回まで続き、試合終了は深夜0時を回った。

 試合時間は5時間38分という総力戦。決勝のソロ本塁打を浴びたマーリンズの9番手・コンリーは次戦で先発が予定されていた。マイアミ・ヘラルド紙(電子版)によると、この一戦はマーリンズ球団史上4番目(タイ)に長い試合で、本拠地マーリンズ・パーク(2012年開場)では最長試合だったという。

 なお、この試合でイチローは7回に代打で起用され、空振り三振。その後の守備には就かず、この打席でベンチに退いた。田沢は1回無安打無失点の好リリーフ。延長12回から7番手の投手として登板し、メッツ打線を三者凡退に切って取った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース