大谷 鎌ケ谷のファーム施設に移動

[ 2017年4月14日 13:12 ]

滞在先のホテルから寮に戻る大谷
Photo By スポニチ

 インフルエンザB型に感染して都内で静養していた日本ハム・大谷が14日、鎌ケ谷のファーム施設に戻った。

 8日のオリックス戦(京セラドーム)の初回の走塁中に左足に違和感を感じて途中交代。その後、大阪市内の病院で「左大腿二頭筋肉離れ」と診断されたが、同日深夜に体調不良を訴えていた。

 当初、大阪から鎌ケ谷に移動する予定だった10日に都内の病院でインフルエンザ感染の診断を受けたため、予定を変更していた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース