ハム村田 5四球も4回1失点 栗山監督「今日のヒーロー」

[ 2017年4月14日 05:30 ]

パ・リーグ   日本ハム3―2ソフトバンク ( 2017年4月13日    札幌ドーム )

<日・ソ>4回1失点と試合をつくった村田
Photo By スポニチ

 プロ初先発となった日本ハム・村田が4回1失点と試合をつくった。

 7年ぶりの日本球界復帰で、巨人時代はなかった1軍での先発。緊張から5四球と制球を乱しながらも最少失点で切り抜け、メドにしていた80球を超えた(88球)ことで勝利投手の権利を得る5回を前に降板した。「少なくとも6回まで投げないと。自分の力不足」と反省したが、降板後にロッカー室まで足を運んで声を掛けた栗山監督は「今日のヒーローは村田」と絶賛していた。

 ▼日本ハム・鍵谷(2番手で5回を3者凡退に抑え、今季初勝利)後ろにつなぐことを考えた。白星はうれしいけど意識はしてない。

 ▼日本ハム・増井(1点リードの9回を締めて2試合連続セーブ)直球の伸びが良かった。主力にケガが多いので全員でカバーしたい。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース