阪神ドラ5糸原 代打で9回先頭口火打 守護神・山崎康撃ち

[ 2017年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神4―1DeNA ( 2017年4月13日    横浜 )

<D・神>9回無死、糸原は左前打を放つ
Photo By スポニチ

 ルーキーが大きな仕事を果たした。1―1の9回、北條の代打として先頭で登場したのは、新人でただ一人開幕1軍を勝ち取ったドラフト5位。阪神・糸原が相手守護神・山崎康の4球目を左前にはじき返して出塁し、決勝のホームを踏んだ。

 「カットですか?ツーシームですかね?特殊系の球です。僕が打って塁に出て、勝ちにつながる仕事ができて良かったです」

 コメントは初々しいが、打席では新人とは思えない集中力を見せる。金本監督も「実戦向き」と評価する勝負強さを大事な場面で発揮した。山崎康とは同学年で、それぞれ明大と亜大時代に「何度かやっているけど、あまり覚えていない」と照れ笑いする。プロの世界では向こうが先輩だが、出鼻をくじく一打でこの回3得点の猛攻を呼び込んだ。

 バットをやや短く持ち、コンパクトに逆方向にはじき返した、2日広島戦の中前打以来のプロ2安打目。そこに糸原の進化がある。開星高までは常に主軸で走者を還す役割。ただ、明大に入学すると周りには自分より体の大きいパワーヒッターがたくさんいた。善波達也監督から「自分のタイプを見つめ直して、短く持つのはどうだ」と助言された。「最初はすごく違和感があったけど、続けると結果が出始めた」。パンチ力も健在ながら、逆方向や、つなぎの打撃も身につけたことがプロへの道を開いた。

 「打席の中では自分のバッティングをすることだけなんで。それが結果につながって良かった」

 開幕から遊撃でスタメンを続ける北條が打率・171と苦しんでいる。チームにとってはともかく、ハングリーなルーキーにはチャンス到来。アピールしまくる意気込みだ。(山添 晴治)

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース