AKIRA 初回猛攻8点 5回コールド圧勝発進

[ 2017年4月14日 05:30 ]

スポニチ後援白龍旗争奪野球第1日・1回戦   AKIRA(上下水道)13―0キヤノン・取手事業所(光学) ( 2017年4月13日    東京ドーム )

 AKIRAが効果的に得点し、5回コールドの圧勝発進を決めた。

 初回から相手のミスに乗じて打者12人の猛攻。大量8点と主導権を握った。投手陣も継投でわずか1安打と好投したが、久保田晃史監督は「次に生かせるものは少なかった。次もいつも通りの野球をやっていくだけ」と大勝にも慢心はなかった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース