富士通・小山工場 8強 足で好機生かす

[ 2017年4月14日 05:30 ]

スポニチ後援白龍旗争奪野球第1日・1回戦   富士通・小山工場(電子通信)5―2トヨタ車体(自動車) ( 2017年4月13日    東京ドーム )

 開幕し、1回戦2試合が行われた。富士通・小山工場(電子通信)が5―2でトヨタ車体(自動車)を下し、8強入り。AKIRA(上下水道)はキヤノン・取手事業所(光学)に13―0と大勝した。1回戦残り5試合は24日に行われる。

 富士通・小山工場が転がり込んだ好機を確実に得点に結びつけた。2回は敵失から2点を先制すると、着実に加点。1番・仙波が計3盗塁を決め、5回には松下が本盗を決めるなど足技が光った。飯塚隆市監督は「勝ててホッとした。盗塁はチームの武器。積極的にサインも出した。自分たちの野球を貫けば次も良い試合ができると思う」と胸を張った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース