捕手は日系4世 ヤンキース メジャー初先発バッテリーで3連勝

[ 2017年4月14日 05:30 ]

ア・リーグ   ヤンキース8―4レイズ ( 2017年4月12日    ニューヨーク )

<ヤンキース・レイズ>最後を締めたチャプマン(右)は捕手のヒガシオカとハイタッチ(AP)
Photo By AP

 ヤンキースの左腕モンゴメリーと日系4世の捕手ヒガシオカが、レイズ戦で球団14年ぶりにメジャー初先発同士でバッテリーを組んだ。

 メジャーデビューのモンゴメリーは4回2/3を3失点で初勝利ならず。右上腕二頭筋を痛めた正捕手サンチェスに代わり2試合目の出場となったヒガシオカは6投手をリードして3連勝に貢献し「(マイナー時代から)知っている選手ばかりだし、経験が生きた」と振り返った。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース