中日 今季2度目サヨナラ負け 光明はプロ初先発の又吉

[ 2017年4月14日 05:30 ]

セ・リーグ   中日2―3ヤクルト ( 2017年4月13日    神宮 )

<ヤ・中>8回6安打2失点と好投した中日・又吉
Photo By スポニチ

 中日が今季2度目のサヨナラ負け。そんな中で、唯一の光明が又吉だ。

 4年目の通算196試合目で初先発し、8回6安打2失点。3回に連続二塁打で1点、6回は畠山に同点ソロを許したが、最速147キロの直球にスライダー、シュートで揺さぶり、相手打線に的を絞らせなかった。「リードして(中継ぎに)渡せなかったので申し訳ない。勝ったまま渡したかった」と反省するが、配置転換を決めた森監督から「投球数、イニングは投げてもらわんと困る」との要求に応える自己最多115球だった。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース