引き分け目前 中日ゲレーロ 劇打「最後の最後に打てて大満足」

[ 2017年4月14日 22:09 ]

セ・リーグ   中日3―2巨人 ( 2017年4月14日    ナゴヤドーム )

<中・巨>12回、2死二、三塁、サヨナラ適時打を放ち、亀沢(左)と喜ぶゲレーロ
Photo By スポニチ

 今季12試合目で5度目の延長戦となった中日が、引き分け目前の延長12回2死走者なしから今季初のサヨナラ勝ちを飾った。

 大島と亀沢の連打と盗塁で二、三塁とすると、最後はここまで4打数無安打1死球だったゲレーロが左前へ痛烈な一打を放った。

 試合時間4時間1分。午後10時を過ぎていた。打率が2割台前半と開幕から不振に苦しむ新助っ人は「とにかく集中して、安打を打って走者を還そうと思っていた。最後の最後に打てて大満足です」と興奮気味に振り返った。

 ▼森監督 最近(試合が)長いからね。みんなよっぽど野球が好きかと思うくらい。気持ち良く勝てたのは良しとして、反省すべきところは反省していきましょう。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース