メッセが鯉の連勝止めた!4連勝に金本監督ニンマリ

[ 2017年4月14日 21:31 ]

セ・リーグ   阪神4―2広島 ( 2017年4月14日    甲子園 )

<神・広>7回表2死、松山(奥)を三ゴロに打ち取ってガッツポーズのメッセンジャー
Photo By スポニチ

 虎が鯉の連勝止めた!阪神はメッセンジャーが7回1失点と好投。猛威を振るった打線を封じ、広島の連勝を10で止めた。

 昨季広島戦の対戦防御率は12・46と相性が悪いメッセンジャーだが、この日は違った。新井の適時打で1点失った4回を除けば得点圏に走者を背負うことなく、12球団でダントツの得点力を誇る広島打線を抑え込んだ。

 今季2勝目を挙げた右腕は「1人では勝つことができないので。チームメイトの助けがあって勝つことができて良かった」と仲間へ感謝し、「チーム全体としても非常にいい野球ができているのでこのまま続けていきたい」と4連勝中の勢いを口にした。

 金本監督も「やっぱりメッセのピッチング。ちゃんとゲームを作ってくれたのでリズムよく守れた」と好投を称えた。4連勝については「全部がしんどい試合なのでね。苦しい4連勝」という言葉とは裏腹に目じりは下がりっぱなしだった。

続きを表示

「稲村亜美」特集記事

「清宮幸太郎」特集記事

2017年4月14日のニュース