金子 現役最多タイ21度目完封勝利!「リラックスして投げられた」

[ 2017年4月14日 21:08 ]

パ・リーグ   オリックス9―0ソフトバンク ( 2017年4月14日    ヤフオクD )

<ソ・オ>完封勝利した金子千尋は伊藤(右)と抱き合って喜ぶ
Photo By スポニチ

 オリックスの金子千尋投手(33)が14日、ヤフオクDで行われたソフトバンク戦に先発し2安打、無四球完封勝利をマークした。

 5回までは1人も走者を出さない完全投球。6回に先頭の松田に二塁への内野安打を打たれたが、その後も1人も走者を出さず、二塁も踏ませなかった。9日に同じオリックスの西が今季完封勝利を挙げて以来の今季2人目となった。

 金子の完封は昨年4月30日以来で、これで通算21度目で、杉内俊哉(巨人)に並んで現役最多となった。

 試合後金子は疲れた様子も見せず「100を切って完投は初めてなのですごくうれしい。去年からボールが先行して球数が多かったので、きょうは全部ストライクのつもりで投げた」と語った。

 初回に先制点を挙げ、計9点を積み上げた味方打線にも「バッターにも助けられてリラックスして投げられた」と感謝した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2017年4月14日のニュース