新井通算2122安打 歴代25位の清原氏に並ぶ

[ 2017年4月14日 19:48 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2017年4月14日    甲子園 )

<神・広>4回表1死二塁、新井は中前適時打を放つ
Photo By スポニチ

 広島の新井貴浩内野手(40)が14日、甲子園で行われた阪神戦の4回に中前安打を放った。プロ通算安打数を2122として、歴代25位の清原和博氏と並んだ。

 3点を追う4回1死二塁、中前へ抜ける適時打を放ち1点反撃。「打ったのはストレート。1点ずつという気持ちでコンパクトにいきました」と振り返った。

 40歳を迎えた今季は打率を3割を大きく超え、打点も試合前の時点でリーグ2位と好調をキープしている。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース