ソフトバンクのスアレス今季絶望 右肘内側側副じん帯再建術受け

[ 2017年4月14日 22:01 ]

 ソフトバンクは右肘の検査のため渡米していたロベルト・スアレス投手(26)が米国時間11日に米ニューヨーク州の病院で右肘内側側副じん帯再建術を受け、14日に帰福したことを発表した。

 復帰まで1年を要する見込み。スアレスはベネズエラ代表として参加したWBCで右肘を痛め、国内の検査では右前腕の肉離れと診断されていた。

続きを表示

「第91回(2019年)選抜高等学校野球大会」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2017年4月14日のニュース