新井 涙止まらず…黒田との抱擁で「あれで一気にきた」

[ 2016年9月10日 23:10 ]

黒田と抱き合う新井

セ・リーグ 広島6―4巨人

(9月10日 東京ドーム)
 黒田と抱き合った新井の目から涙があふれた。緒方監督、黒田に続き、チームメートの手で5度宙に舞った背番号25は「言葉にならない。(黒田と抱擁し)あれで一気にきた」と目を真っ赤にした。

 優勝が懸かった一戦も4番に座った。この日は無安打に終わったが、リーグトップ98打点の勝負強さで何度もチームを救ってきた。「今日はチャンスで打てなかったので、みんな頼むと思っていた。夢みたい。みんなのおかげです」。かつての低迷期を知るだけに、本当に幸せそうだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース