“おかわり2世”西武・山川 自身初10本塁打「最低限の目標」

[ 2016年9月10日 05:30 ]

<西・ロ>2回2死二塁、左越えに先制2ランを放ち、佐藤コーチ(左)とタッチを交わす山川

パ・リーグ 西武8―1ロッテ

(9月9日 西武プリンス)
 「おかわり2世」こと西武・山川が、3年目で自身初の10本塁打に到達した。

 2回2死二塁で低めの141キロ直球を、自慢のパワーで左翼席まで運んだ。先制2ランは決勝弾となり「限られた試合数でこれだけ打てているのは自信になるけど、2桁本塁打は最低限の目標です」。同じ学年の菊池とお立ち台に上がると「雄星が投げて俺がホームランを打って、一緒にお立ち台に上がろうと話していたのでうれしいです」と感慨深げだった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース