広島・菊池 出場可否は当日判断へ 8日守備で右膝強打

[ 2016年9月10日 07:38 ]

巨人戦をテレビ観戦する菊池

 8日の中日戦(マツダ)で守備中に右膝をフェンスに強打した広島・菊池は、午前の新幹線で東京に移動した。

 前夜に病院で受けた診断は打撲。歩行への影響は感じられず、患部についての問い掛けに「トレーナーが発表した通りです」と言葉少なだった。松原チーフトレーナーは「打撲しているので若干の腫れはある。明日(10日)の練習で動いてみて、(出場の可否を)判断する予定」と説明した。

続きを表示

この記事のフォト

「稲村亜美」特集記事

「プロ野球 交流戦」特集記事

2016年9月10日のニュース