誠也V決定試合も「神ってる」2打席連続弾で試合決めた

[ 2016年9月10日 21:41 ]

<巨・広>5回1死一塁、2打席連続となる2ランを放ちガッツポーズの鈴木。左は阿部
Photo By スポニチ

セ・リーグ 広島6―4巨人

(9月10日 東京ドーム)
 「神ってる」男の一振りでムードが一気に変わった。巨人の先発・マイコラスに無安打に抑えられていた中で、4回の先頭打者として打席に入った広島・鈴木が左翼席へ同点アーチ。三塁側が真っ赤に染まった球場を沸かせると、続く松山が右翼席上段へ勝ち越しソロをたたき込んだ。

 6月のオリックス戦で2試合連続サヨナラ弾。緒方監督が鈴木を絶賛し放った言葉が「神ってる」。まさにその評価を裏切らない活躍で今シーズンを駆け抜けてきた。昨季まで通算81安打、6本塁打に過ぎなかったが、今季すでに143安打、26本塁打。打率はリーグ2位の・336。首位打者も狙える位置につけている。

 優勝を決めたこの日も、同点弾に続き第3打席はリードを3点に広げる2ラン。ヒーローインタビューの決めゼリフ「最高で~す!」を体現するような活躍だった。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース