明大 野手転向の川口、公式戦初スタメンで3安打 善波監督も称賛

[ 2016年9月10日 15:10 ]

東京六大学秋季リーグ 明大9―2東大

(9月10日 神宮)
 今秋から野手に転向した明大・川口が、東大戦に「6番・左翼」で出場。公式戦初のスタメンで3安打を放ち、善波達也監督の起用に応えた。2回無死二塁の第1打席で右前打。さらに左前打を2本マークし、「きょうの日を待ち望んでいた。ヒットは1本打てればいい、と思っていたけど…」と笑顔で振り返った。

 投手では6試合の登板のみ。今春のリーグ戦終了後に指揮官から「打撃に懸けたらどうだ?」と打者転向を勧められた。国学院久我山では4番でエース。高校通算11本塁打だったという川口は「投手は柳、星と二枚看板がいる。自分は野手で活躍したい」。打線は18安打。善波監督は「オープン戦では(川口は)3割ちょっと打っていたけど、ここ(神宮)は雰囲気が違う。リーグ戦で打てたのは良かった」と話した。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース