前ソフトB李大浩 好調14号 マ軍WC争いで4.5差

[ 2016年9月10日 05:30 ]

<マリナーズ・レンジャーズ>2回、ソロを放った李大浩(右)(AP)

ア・リーグ マリナーズ6―3レンジャーズ

(9月8日 シアトル)
 マリナーズは地区首位レンジャーズとの4連戦を3勝1敗で勝ち越し。ワイルドカード争いに4・5ゲーム差と首の皮一枚踏みとどまった。

 前ソフトバンクの李大浩(イ・デホ)が先制の14号ソロを放つなど2安打1打点2得点。最近8試合で5度目のマルチ安打を記録し、スコット・サービス監督は「彼は自信を取り戻した。自分のスイングと笑顔が戻ってきた」と称えた。青木は2試合連続で出番がなかった。 (小林由加通信員)

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース