ハム宮西 9年連続50試合登板 中日岩瀬の15年に次ぐ史上2位タイ

[ 2016年9月10日 07:25 ]

<楽・日>力投する宮西

パ・リーグ 日本ハム8―2楽天

(9月9日 コボスタ宮城)
 セットアッパーの日本ハム・宮西が入団から9年連続50試合登板を達成した。3点差となった8回2死一塁、2回に左越えソロを放っているペレスが打席に入ったところで登板。

 1ボール2ストライクと追い込んで伝家の宝刀スライダーで三ゴロに打ち取った。昨オフに左肘を手術したが、これで中日・岩瀬の15年連続に次ぐ史上2位タイとなり、「僕らしくワンポイントでしたね。これが自分の原点なんだと思いました」と節目のマウンドを振り返った。

 ≪史上2位タイ≫宮西(日)が新人の08年から9年連続の50試合登板。入団年から9年連続50試合登板は99~13年岩瀬(中)の15年連続に次ぎ、56~64年秋山(大洋)と並ぶ2位。またパで9年連続50試合は1年目からに限らず宮西が初めて。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース