早実・清宮、主将公式戦1号 センバツへ自信「絶対行ってやろうと」

[ 2016年9月10日 12:10 ]

<立志舎・早実>1回表1死一塁、清宮は中越え2ランを放つ

秋季高校野球東京都大会ブロック予選代表決定戦 早実12―0立志舎

(9月10日 多摩一本杉)
 早実の清宮幸太郎内野手(2年)が主将就任後初アーチ。初回1死一塁から、チームに勢いをもたらすバックスクリーンへの先制2ラン。自身は詰まり気味の中飛かと思っていたというが「“ガシャン”と音がしたので入ったんだなと思いました。変化球にうまく対応して打てた」と振り返った。

 来月8日開幕の本大会出場が決定。来春のセンバツについて「いけると思っています」と出場を微塵も疑っていない。その裏にあるのが充実した練習。「投手はしっかり投げ込んで、打者も振り込んできている」と自信をのぞかせると、最後も「絶対行ってやろうと思っています」と力強く話した。

続きを表示

この記事のフォト

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース