明大 春秋連覇へ ドラフト上位候補・柳主将「挑戦者」

[ 2016年9月10日 05:30 ]

 今秋ドラフト上位候補として注目されるのが明大のエース右腕・柳主将だ。投手としての完成度は高く、日米大学野球選手権でも日本代表の主将を務めた。

 春秋連覇へ「秋はまた挑戦者の気持ちで戦っていきたい」と気を引き締める。リーグ通算20勝を誇る慶大の153キロ右腕・加藤拓も評価は高く「1、3戦目で全勝したら30勝になるので頑張りたい」と頼もしい。投手では立大の沢田主将や田村、野手では立大・佐藤拓、早大・石井主将らもドラフト候補に挙がる。

 ▼立大・沢田圭佑主将 最後のシーズンなので悔いのないようにやりたい。打たれないように頑張りたい。

 ▼法大・森川大樹主将 入学してからまだ一度も優勝していない。最後に優勝できるように頑張りたい。

 ▼慶大・重田清一主将 秋は優勝して4年生全員で笑って卒業したい。

 ▼早大・石井一成主将 春は5位で、悔しい思いをした。その悔しさを晴らせるように頑張りたい。

続きを表示

「第101回全国高校野球選手権大会 各地区結果」特集記事

「第90回(2019年)都市対抗野球大会」特集記事

2016年9月10日のニュース